睫毛内反症 | 目の周りの形成外科 | 福山市の太田形成外科クリニック

睫毛内反症

まぶたに問題はないものの、まつげが内側に向かって生え眼球に接触している状態を言います。いわゆる「さかまつげ」です。

治療方法

下まつ毛によるものが多いですが、上まつ毛や両側上下に生じることもあります。眼球にあたるまつげが少量ならば、根気よく抜いたりビューラーでまつげの角度をかえて対処していくことで問題は有りませんが、慢性的に結膜炎の症状があったり、角膜に傷がついている場合は、手術によりまつげの生え方を外向きに矯正する必要があります。

TOPへ戻る