眼瞼腫瘍再建 | 目の周りの形成外科 | 福山市の太田形成外科クリニック

眼瞼腫瘍再建

眼の周りの腫瘍切除や外傷などで、皮膚欠損部が大きくなる場合は、まぶたの機能的、美容的な再建術が必要になります。

治療方法

眼の周りの悪性腫瘍切除や外傷などで皮膚が欠損すると、皮膚がひきつれたり、まぶたが眼球から離れたりすることで眼球に影響を及ぼしてくることがあります。眼瞼の再建では, 部位や欠損の大きさなどに応じて皮弁形成術という方法で、皮膚欠損部周囲の皮膚を移動して無理な力がかからないように被覆します。

TOPへ戻る