眼瞼内反症 | 目の周りの形成外科 | 福山市の太田形成外科クリニック

眼瞼内反症

まぶたの縁が眼球側に巻き込まれて、まつげや皮膚が眼球に触れてしまう状態を言います。先天性眼瞼内反症と老人性眼瞼内反症があり、それぞれ原因や手術方法が異なります。

治療方法

 

先天性眼瞼内反症

生まれたときから眼瞼が内反しています。成長につれて改善傾向がありますが、小学校高学年になっても症状が緩和されない場合には手術を考慮します。過剰な皮膚と眼輪筋を切除して内反を矯正します。

老人性眼瞼内反症

加齢に伴うまぶたの緊張低下および、眼輪筋の萎縮が原因でまつげや皮膚が眼球に接触することで痛みを伴います。まつげを抜くと一時的に症状は改善しますが、再びまつげが生えると痛みが再発し症状が繰り返されるため、手術によって下まぶたの軟骨を切除し引きよせて縫合したり、下まぶたの奥にある筋肉を、下まぶたの軟骨に引き寄せ縫合することで矯正します。

TOPへ戻る