眼瞼外反症(兎眼症) | 目の周りの形成外科 | 福山市の太田形成外科クリニック

眼瞼外反症(兎眼症)

まぶたが外側にめくれ、結膜が露出している状態をいいます。 まぶたが閉じにくくなるため眼が乾燥しやすく角膜に傷がつきます。また結膜が露出して見えるため整容上の問題もあります。

治療方法

先天性のものは稀で、主な原因として、加齢による瞼板支持組織の弛緩、顔面神経麻痺にともなう麻痺性眼瞼外反、外傷や炎症疾患などによる瘢痕性眼瞼外反症などが挙げられます。角結膜障害の程度と症状、また整容上の訴えによって手術適応が決まります。 手術は下眼瞼にある軟骨を短縮して、ゆるんだ組織を切除し引き締めます。眼瞼のゆるみが強い場合は必要に応じて大腿筋膜を移植して下まぶたの補強を行います。

TOPへ戻る