眼瞼下垂とは、まぶたが下がって物が見えにくくなる状態をいいます。物を見るために顎を挙げて物を見る癖がついたり、眉毛を大きく持ち上げ額にいつも力が入っていることで筋肉が緊張し、頭痛や首や肩のこり、慢性疲労といった不定愁訴が多く現れます。昼間やけに太陽がまぶしかったり、夕方になると車のライトがまぶしかったり、眼の疲労感や頭痛がしてつらいという相談が多く寄せられています。

視野障害という機能面の問題だけではなく、外見的にも“目つきが悪い”“眠そう”といった印象を与えることが多く、おでこにしわができやすくなるため整容面の問題が生じてくるのも特徴です。

眼瞼下垂の分類

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂は、生まれつき筋肉や神経に障害を伴って起こります。

後天性(加齢性)眼瞼下垂

加齢による筋力の低下や、皮膚の弛緩のほか、まぶた内の軟骨と、まぶたを持ち上げる筋肉の連結部が緩んでしまうことなどが原因で起こります。

先天性眼瞼下垂症

生まれたときからまぶたを挙げる筋肉(上眼瞼挙筋)の発達障害があり、目を大きく開けることが困難な状態になります。一般的に片側で起こる場合が多いのが特徴です。(約80%)

診断

力を抜いて正面を向いたときにまぶたが瞳孔(黒目の中心)の上まであがらない状態を認めた場合に先天性眼瞼下垂と診断します。常にまぶたが瞳孔にかぶさっていれば視力障害が起きることがあるので、早めの受診をお勧めします。

治療方法

まぶたを持ち上げる筋肉がどの程度機能しているかによって決まります。
まぶたを持ち上げる機能があれば、挙筋前転法を行います。まぶたを持ち上げる筋力がなければ、筋膜をまぶたの皮下に移植して眉毛の皮下とまぶた内の軟骨を連結し、眉毛を上げることでまぶたを持ち上げるようにします。

後天性(加齢性)眼瞼下垂

加齢による筋力の低下や、皮膚の弛緩のほか、まぶた内の軟骨と、まぶたを持ち上げる筋肉の連結部が緩んでしまうことなどが原因で起こります。
多くの場合加齢とともに徐々に下垂してきますが(加齢性眼瞼下垂)、開眼器を使った眼の手術を受けたあとや、若年層でもハードコンタクトレンズを長期装用している方にも生じてくることがあります。
「眼をあけているのが疲れる、眼が細くなったようだ」という症状だけでなく「頭痛がする、首や肩がこる、慢性的に疲れている」「不眠症」などの不定愁訴を生じることがあります。
後天性の眼瞼下垂は一般に両側で起こることが多いです。

診断

力を抜いて正面を向いたときにまぶたが瞳孔(黒目の中心)の上まであがらない状態を認めた場合に後天性眼瞼下垂と診断します。ただし、日内変動(朝は調子が良いが、夕方下がってくるなど)を伴うことも多いため、病歴を聞いて総合的に判断します。

治療方法

皮膚がたるんで視野をふさいでいる場合は、皮膚切除法でその皮膚のみの切除を行います。
その際ふたえのラインに傷跡が隠れるように手術をすることで早期に目立ちにくくなるようにします。
加齢性眼瞼下垂の場合は、上記に加え、緩んでいたり外れてしまっているまぶたを持ち上げる筋肉と、軟骨の付着部をもとの位置に結びなおすことでまぶたが開くようにします。(挙筋前転法)
挙筋前転法を行うことで筋肉の収縮がよく伝達され、まぶたが上がりやすくなります。両眼で約1時間、局所麻酔、日帰り手術でできます。(保険適応)

眼瞼下垂説明

図1
図2

症例写真

眼瞼下垂 術前

(術前)
60歳代男性 左眼瞼下垂

眼瞼下垂 述語

(術後6ヶ月)
左のみ拳筋前転法を行った

眼瞼下垂 術前

(術前)

眼瞼下垂 述語

(術後6週)

眼瞼下垂 10のチェックポイント

チェックが付いた項目が多いほど眼瞼下垂の可能性が高くなります。

まぶたが重たい
目が小さくなった
額にしわがよる
頭痛がする
首・肩がこる
眼精疲労がある
光がまぶしい
逆まつ毛になった
慢性的にすっきりしない(慢性疲労)
ハードコンタクトレンズを長期使用している
ページのトップへ