皮膚のトラブルは放っておいて良いのか、皮膚科を受診すべきか迷うことも多いと思います。皮膚は外界の刺激に対して生体防御を行う重要な臓器のひとつです。皮膚のSOSサインを見逃さず早期に治療をすることが、早期治癒の要だと考えます。日ごろから気になっていることを何でもお気軽にご相談ください。

当院で扱う主な皮膚疾患

湿疹・蕁麻疹(じんましん)・尋常性疣贅・脂漏性角化症・ウオノメ・たこ・脂漏性皮膚炎・炎症後色素沈着・皮脂欠乏性皮膚炎・ニキビ・ニキビ跡・帯状疱疹・単純ヘルペス など

ニキビについて

ニキビは医学的には尋常性(じんじょうせい)ざ瘡(そう)という疾患名がついた病気のひとつです。ニキビは放っておいても治るというのという考えは間違いです。悪化させると、陥凹したニキビ跡(陥凹性瘢痕)を残すことになり、生涯にわたり肌のでこぼこに悩み続けることになります。早めに治療して、ニキビ跡を残さないようにすることがとても大事です。
ニキビには、10代から20代にできる思春期型と、30代以降にできる大人のニキビとがあります。

思春期型

思春期になると性ホルモンが増加して皮脂の分泌がさかんになりニキビができやすくなります。顔面だけでなく、背中や胸にもできることがあります。
アダパレン(ビタミンA)の外用治療や、抗生剤の内服や外用の治療を行いますが、ニキビ治療は1度の内服や外用薬の使用ですぐに効果が現れるわけではありません。外用薬の使用で一旦症状が悪化することさえもありますが、それも治療過程と思って根気強く治療していきましょう。

大人のニキビ

30代前半の女性に多くみられる難治性のニキビです。下顎にかけて赤ニキビが多発します。
主に性ホルモンのバランスの崩れが原因であることが多く、体の内側からのアプローチも必要となります。思春期型にきびと同じく、抗生剤の内服や外用、アダパレン(ビタミンA)の外用治療などを行いますが、大人ニキビには、イオン導入などの自費治療も加えて行うことをお勧めします。

 

ニキビ治療内容(5~6は自費治療です)

症状、ご希望に合わせ下記から治療内容から選択し治療していきます。

  1. 生活習慣・食生活の指導(カウンセリング)
  2. 抗生物質 内服・外用
    炎症を伴ったニキビには抗生剤の内服や外用が効果的です。
  3. アダパレン外用(ディフェリンゲル)
    日本では2008年に初めて認可された外用レチノイド(ビタミンA)の保険適用ニキビ治療薬であるディフェリンゲルは、欧米ではすでに10年以上前に認可され、現在もニキビ治療の第一選択薬として処方されています。保険適応なので費用も安く、(3割負担で530円:1か月分)優秀なにきび治療薬です。
  4. 圧出
    炎症性ニキビを長期持ち続けると、炎症の周囲に線維化が進行し、ニキビが治癒した後に陥没したニキビ跡(陥凹性瘢痕)を残すことになります。そうなるのを防ぐために、治療に難渋する赤ニキビは、レーザーによる圧出が有効です。ニキビ中央部にレーザーでちいさな穴を開け、たまっている膿、皮脂を圧出器で押し出します。空気を通すことで、嫌気性菌(空気を嫌う菌)の活性を抑えます。ニキビの炎症を沈めて、にきび跡(陥凹性瘢痕)を残さないことを目的とした治療です。
  5. イオン導入(自費治療)
    ビタミンCをイオン導入しながら、肌を鎮静化します。敏感肌の方にお勧めです。
  6. 漢方 (自費治療)
    ニキビ体質を改善させたい方は、漢方薬治療もご提案いたします。

蕁麻疹について

蕁麻疹を起こしやすい刺激として、食品、薬剤、物理的刺激などがあります。
そば・エビ・カニ・果物など食品アレルギーが原因で起こるもの、ペニシリン・セファム系などの抗生物質、解熱鎮痛剤などの薬品が原因でおこるもの、皮膚のこすれ・日光・寒冷・温熱など物理的刺激が原因で起こるもの、自分自身の発汗によっておこるもの、疲労やストレスが誘因になっているものなど、原因は実に様々です。
ですが、原因がはっきりと判断できるものばかりではなく、実は蕁麻疹患者さんの70%以上では誘因が明らかでないといわれています。(特発性の蕁麻疹)。
なぜこのように蕁麻疹がおこるのかはまだ良く解明されていませんが、誘因が明らかなものには、薬物療法を行うとともに、症状を悪化させることが知られている疲労やストレスを避けること、かきむしりによる新たな湿疹を避けるための生活習慣など、多方面にわたり治療を提案させて頂きます。

いぼ・たこ・うおのめについて

いぼには、ヒト乳頭腫ウィルスが皮膚に感染しておこる尋常性疣贅と、中年以後の顔や腕、下腿にできるウイルスの関与していないいぼ(脂漏性角化症)、子供に多くみられるみずいぼ(伝染性軟属腫)などがあります。
これらのいぼは、治療しないで放置しておくと別の部位に広がることもあるため、早めの治療と継続が重要です。

たこ(タコ、胼胝)うおのめ(鶏眼)は、皮膚の一部に外力(過重)が集中して皮膚の角質が肥厚した状態です。足の裏などの機械的な圧力、摩擦、衝撃がかかりやすい部位にできやすいです。
感染性はありませんが、外的刺激により再発することが多いため治療には根気が必要です。足にあう履物を選ぶ、同じ場所に圧力がかかるのを防ぐなど生活習慣で気を付けることも大切です。

ウイルスいぼに対しては液体窒素療などを行いますが、特効薬や特効的治療法はいのが現状です。免疫力をげ根気よく治療していきましょう。

 

帯状疱疹について

帯状疱疹は、年間約50万人前後、80歳までに3人に1人はかかるといわれる身近な病気の一つです。この病気が命にかかわる事はほとんどありませんが、その特徴的な症状である「痛み」が問題となり、苦痛と不安のため精神的につらい思いをされることがおおくあります。また、重症化すると神経が傷ついて痛みが残ったり、顔面麻痺といった合併症を引き起こす場合もあります。
帯状疱疹治療に最も重要なのは早期発見で、発疹が出てから72時間以内に抗ウイルス薬服用することです。しかし、発疹よりも先に痛みが現れるケースがあることから、筋肉痛や四十肩、心筋梗塞などと誤解し、治療が遅れることが多いのが現状です。帯状疱疹は疲れやストレスで体の抵抗力が低下しているときにおこりやすい疾患です。 日ごろから無理をせずに、栄養と睡眠を十分にとり、規則正しい生活をすることが大切です。

※皮膚科一般診療は保険適応ですが、治療内容によっては一部自費診療になる場合があります。
※専門治療・入院などが必要な場合は専門の施設・医療機関にご紹介いたします。

AGA(男性型脱毛症)について

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられ、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。
毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。

AGAは進行性です。何もせずにほうっておくと髪の毛の数は徐々に減り薄くなっていきます。ただしAGAではうす毛になっていてもうぶ毛は残っている特徴があります。毛包が存在している限り髪の毛は太く長く育つ可能性があります。あきらめず早めのケアで対策をしていきましょう。

  • 抜け毛の中に細くて短い毛が増えてきた
  • 昔と比べて髪のボリュームが少なくなった
  • 髪にコシやハリがなくなってきた などお気づきの方は、お気軽にご相談ください。

※AGAは自費治療です

ページのトップへ